CHURCH INTERIOR 教會禮堂


HONG KONG SAR

The project is to design the main hall interior of a newly built church in Hong Kong. Although the 10 metre clear height of the concrete shell is the main advantageous characteristic of the project, the entrance of the original planning is on the stage side and certain steps must be taken to minimize disturbance of people around the entrance to the people inside the main hall. The cubic nature of the space also posted a threat in the acoustical quality of the space. The approach of the hall from the lift lobby are divided into several spots which allow the people to experience layers of space between public and private. The main hall is also designed in the following ways to enhance the strength of the space for worship.

LOOK UP TOWARDS GOD
REDEFINE THE NEW CHURCH LANGUAGE
ACOUSTICAL DESIGN
SCREEN TO CREATE TRANSLUCENT SPACE

A design that consists of a single material, single detail arranged using parametric tools is created for this purpose. The design bears the language of ancient churches interpreted in a modern way, the screening elements are made from acoustical material and are also arranged in different angles to enhance the acoustical properties of the hall. The slits between the elements also provide entrance to the seatings while screening the entrance area visually from the people inside the hall.

此項目是一個新建成的教會禮堂室內設計。 10米淨高的內部雖然是該項目的主要優點,但原規劃的入口就在祭壇旁邊,所以必須採取一定措施,盡量減少入口周圍的人群出入對崇拜中人士的騷擾。長方形的大堂空間也可能對聲學品質有不良影響。本設計把電梯大堂到禮堂中間分成幾個空間節點,漸進式從公共空間進入私人空間。禮堂的空間設計概念如下。

抬頭仰望神
重新定義新的教會語言
聲學設計改良
屏風式半透明空間

透過參數工具設計,主空間屏風設計均使用單一材料,單一細部。設計運用古代材料跟工法的單一性,加上呈現古老的教堂的建築節奏,用現代的建築語言表現。屏風元素均由聲學材料製成,安排在不同的角度以改善大廳的聲學質量。屏風之間的縫隙提供座位入口,屏風在視覺上局部屏蔽禮堂入口,減少門口出入人員對崇拜的騷擾。

このプロジェクトは、香港で新しく建てられた教会の本堂内装設計することである。10メートルの内部空間の高さはプロジェクトの主な特徴的なポイントだが、長方形の空間では音響品質に悪い影響となると考えていた。さらにオリジナル企画の入り口はステージの側にあることで、入り口の周りの人の活動によって生ずる本堂内の人々に与える影響を最小限に工夫しなければならないことになっている。リフトロビーから会場のアプローチは、スポットに分かれるによって公共空間から本堂の厳粛空間まで3つのスペースレイヤーを作っていた。本堂は礼拝の空間のの設計方針を採っていた。

神にフォーカスすること
教会空間を昔の雰囲気がありながら再定義すること
よい音響性デザインを目指すこと
障子のような半透明性を生かすこと

パラメトリックツールを使用して配置された単一の材料と単一のティテールで構成されているスクリーンの形をしたデザインは、昔の教会のリズムの再現を目指し、本堂の空間の形を再定義することができ、吸音材から作られたスクリーンは、異なる角度で配置され、音響性を向上させることを目指していた。半透明なスクリーンは座席の入口として活躍しながら、視覚的にエントランスエリアの活動の影響を最低限にすることができた。