ENGRAVED PRINT EXHIBITION 室內版畫展覽


The project is a part of the Hong Kong Graphic Fiesta 2011, gathering artworks from different university students in the world, the space is relatively compact compared to the amount of displayed works. Subdividing the space became crucial in the project while maintaining the quality of the space for individual works without the feeling of crowdedness. A designed circulation incorporated with a wooden frame is constructed as a media to divide the space into different units for hanging artworks to create rooms of display, while these spaces can be walked through freely, visitors can also follow the designed path by following the “door frames” which will lead them to finish the exhibition.

作為香港圖像藝術節的一部分,是世界各國大學生藝術交流的平臺之一。這次展覽作品數量對於場地的大小來說是有挑戰性的。為確保每一件展品的展示空間同時表現整體空間寬闊的布局成為設計重點。這次用了一個木框作為空間分割,作品背對背懸掛在木框下,營造一個個沒有牆壁的房間感覺,在觀看藝術品的同時,也可以感受到周圍寬敞的空間。遊人可以於空間中自由走動作觀賞,也可以跟著木門框有序地完成展覽。

このプロジェクトは香港グラフィックフィエスタの展覧会であり、世界の大学生の交流することを目指し、いろんな版画と芸術ワークスを展示する展覧会である。現場は決して広いとはないが、数多い芸術品を展示することによって狭くなる恐れがある。芸術品をちゃんとそれぞれの見る空間を確保しながら、全体の空間の広く見せる設計を提案した。木造のフレームを作り、絵を両面で吊ることによって“間取り”を作る。壁自体が存在しないので透明な空間が見え、自由にさまようことができるし、計画したドアーフレームに沿って全ての空間を楽しむこともできる。