GUANGZHOU CHINESE OPERA COMPETITION 廣州粵劇院設計比賽


The project is located at the central downtown of GuangZhou City, a vibrant place with eclectic mix of people. As China is developing, growing and changing every mintue; people is hardly staying in touch with the culture that has existed for decades. the concept of the project is to bring back the traditional cantonese opera into the city in a contemporary way. The Design uses high tech stage system to wider not only the view of the audience, but also the performing spaces. the design brings cantonese opera into the city and at the same time attracts city walker into the building; where stages can be opened towards the city and on the other hand plazas and skygardens pull people or opera lovers into the building itself.

項目位於廣東省廣州市珠江新城核心地段,是一個匯聚老幼,充滿活力的地區。隨著國家對文化產業發展的支持提升,本項目旨在打造一個廣州市的文化中心,為保留中國傳統藝術文化的發展打下基礎。本設計的重點在於如何在現今的社會裡讓民眾重新認識粵劇,了解粵劇不是長者的文化,而是既傳統,亦有趣的生活文化。方案利用高科技來打造新形式的舞台,糅合虛擬世界與粵劇的表演,把粵劇帶到新的層次,從而改變現代人對粵劇的觀念。同時,本設計重新定義粵劇與城市之間的關係,亦重新定位粵劇的表演空間。本設計把粵劇舞台重新帶到公共空間,讓人在廣場上及空中花園裡自由觀賞,更讓粵劇愛好者有一個自由的表演空間,以粵劇公共空間為媒介,使人對粵劇有更深的認識。

このデザインのポイントは現在の多様化となっている社会にてどのように、広東オペラが高齢者のみの文化ではなく、伝統的で面白い、発展可能性の高い,持続可能な生活文化だと人々に広東オペラを認識し直させるのかを考えることである。ハイテクで形式の新たなステージを作り、仮想世界と広東オペラの演劇、伝統と現代を組み合わせ、広東オペラを新たなレベルに連れて行き、時代のペースを追いかけて、現代の人々の広東オペラに対する考え方を変える。その同時に、本デザインは広東オ オペラと都市の関係及び広東オペラの上演スペイスを再検討することを目標とする。本デザインは改めて広東オペラを公衆の前に連れてきて、人々を自由うに広場でまたはスカイガーデンで楽しませる。しかも広東オペラを好む人に自由な演劇のスペイスを提供する広東オペラの公的スペイスを増加させることを通し、人々により深い認識をさせ、広東オペラの日常生活の一部にしようとする。カーテンウォールのデザインは本デザインの一つの特色である。伝統的な広東オペラの移動的な劇場を概念とし、現代の木製部品を組み合わせる。この木製部品は全部七メートル長い。簡単で力学に正しい形で組み合わせて広州市内唯一、そしてコストのコントロールできる立面デザインになる。この概念の他に、外部の立面はポストを貼ることはできる。そして東西両面の立面はモニターに作れる。この建築の全体は広州の室内の劇場のように、劇のタイトルのといった資料かけるところもあり、裏から外まで広東オペラの彩と文化の特色をこの建築につけるのである。オープンな空間が多いため、風通しと採光も良くなる。屋上のグリーンとカーテンウォール外部の木製結構が陽光を遮断する役に立ち、省エネルギー、持続発展の可能性を高くさせる。