HOUSE IN TOKYO


This house in Tokyo is designed for a Japanese couple with a son. A dance studio in the basement is required and an open balcony is also preferred adjacent to the living room on the 3rd floor.
The triangular nature of the site requires creative planning while it also enables a large amount of open facing facade. The sloping nature of the site is also advantageous in entrance positioning while the dancing studio is best put in basement due to its acoustical requirements.
The roof and the wall is designed to wrap around the house in order to improve the relationship between the floors and the site. Furthermore, a triangular design is adopted throughout the planning and the facade treatments which responds to the site, and planning efficiency is not sacrificed.

這是為東京的一對日本人夫婦和其兒子設計的住宅項目。除了普通的住宅以外,他們要求提供一個舞蹈室,並需要在三樓鄰近客廳位置設置一個開放式平台。
雖然三角形的地塊需要高度創意的規劃,但同時它也使大量面向道路的立面面積。地塊旁道路的斜坡特點也有利於入口定位,加上由於其聲學要求,舞蹈室最好放在地下室,而在道路最高點進入也減省了開挖地塊的成本。
藍色屋頂跟牆壁包裹著整個住宅增加建築整體性和改善與地塊的關係,全住宅的規劃也高度反映三角形地塊的特點,並不會不犧牲規劃效率。

日本人のカップルと一人の息子のために東京で一戸建ての設計に頼まれている。地下室にダンススタジオが必要となり、3階のリビングルームにもオープンバルコニーも隣接することが好ましい。
また、三角形のサイトの原因でわりとオープンしているファサードが可能になるが、繊細な計画を立てることが必要となる。隣接している道路のスロープによった段差がダンススタジオは半地下に配置し、玄関の位置やコストの削減や高度な遮音性の要求などの間にバランスをすることを目指して設計していた。
青の屋根と壁は建築全体をラップすることによって、建築の全体性を向上ができ、敷地との関係も改善することを目指して設計されている。三角形ランゲージのデザインは、敷地に対応する計画および外構全体にわたって採用されながら、計画の効率が犠牲にされていない。