JINAN HOTEL 濟南大酒店


JINAN, CHINA
中國 濟南

The project is situated in the upcoming development city of Jinan in Shan Dong Province. The city is famous for the lake that it marks the unique characteristic of this city. The original phase 1 is a 400 room hotel built in the 90s with the view looking towards the lake, with the tourism development the developer aims to extend the amount of rooms as much as possible while phase 1 is planned to undergo a major renovation while structurally shall be kept without a lot of changes. A 600 room phase 2 is proposed with an intention to maximize the number of rooms with the lake view which shall be on higher levels. Multiple types of rooms is proposed by a spatial extrusion of the facade which creates different living styles in a single hotel, which is purposed to increase the return rate of guests. Due to the increased carpark requirements in China, 600 parking accommodation is required inside the basement. A lift operated mechanical parking is proposed in the basement. Total GFA of phase 1 and 2 is 90,000 sq.m

該項目坐落在正積極發展中的山東省濟南市。這個城市的中心是著名的大明湖,它標志著這個城市的獨特之處。原有的是一個面向湖景的400間客房的酒店,建于20世紀90年代,為滿足城市開發與旅游發展的步伐,第2期的目的是盡可能地增加客房數量,而同時對原有一期酒店進行重大非結構性改造。我們大膽提出一個600個房間的二期酒店,最大限度地增加客房,并將其則重置于高層以獲得最大的湖景。多種類型的房間,伸延而形成的立面,創造了不同的生活模式存在于單一酒店內,目的在于提高回流客人比例而提出的。為配合1000個房間的酒店的停車要求,建議在地下室設置有電梯操作的機械式立體停車庫。1,2期合計總建筑面積90000平方米。

このプロジェクトはこれから速く発展する山東省の済南市にある。都市の真ん中に“大明湖”という有名な湖が大きな特徴である。湖向きに建っているフェーズ1を改造し、部屋の数を可能な限り多くすることを目的として今回の新しいフェーズ2の計画プロジェクトである。600部屋のフェーズ2を計画し、しかもできる数多く建物の高いところに傾いている計画を提案している。単一のホテルでいろいろなのリビングスタイルを作り、複数の種類の部屋がゲストの繰り返して利用することを高めることを目指し、しかも部屋の空間をファサードに押し出すことを提案している。駐車場の要求が増えたため、600台パーキングスペースが必要になった。リフト付機械式駐車場が地下室に提案している。フェーズ1と2の合計延床面積90,000平米。