SWATOW BAPTIST CHURCH KOWLOON CITY 浸信會教堂


The Jesus Statue in Rio-de-Janerio gives an expression of surrounding all mankind with the love of Jesus, it is a soft expression which can be easily accepted by everyone. On the other hand it coincides with the floor plan of this church as the cross stands at the corner of the square plan. The language of the open arms is further enhanced by stretching out at an angle of 45 degrees.
The curtain is also an important element in ancient churches. By introducing a curtain in a modern church I believe it can give the solid wall a soft feeling to give the planar wall an additional layer and to add flexibility to change the colour and adapt to different functions.
This old organ was planned to be thrown away, but the way I see it rather than a piece of instrument, it is a symbolic element inside a church, so various parts such as the foot pedals, the buttons, the movable cover and the pieces of wood. The incorporation of these small details enhances the design by adding a nostgic feeling, and will give a new life to the old organ.

里約熱內盧望海的耶穌雕像給周圍的人類表達耶穌的愛包圍眾人,它是一種柔軟的表達而每個人都可以很容易地接受。另一方面,它正好與這個教堂平面上的十字架站立在角落里位置,并以45度的角度開放手臂呈擁抱姿勢,空間深度進一步增強。布簾也是古老的教堂里一個重要元素,布簾在現代教會可以提供實墻一種柔軟的感覺,并可以透過改變其顏色而提供多種氣氛以適應不同的功能。
舊的管風琴因為破爛被計劃扔掉,但我們看到它不單是一件樂器,也是一個在教堂里的一個具象征性的元素,因此決定把管風琴解體,把一些可以再用的腳踏板,按鈕,可移動蓋等各個部分及木板。把這些配件融合在細部里,提高設計的懷舊感覺,和給予這個管風琴一個新生命。

リオデジャネイロのイエス像は、キリストの愛をもって全人類を包み込む表現を与え、それは誰でも受け入れることができる柔らかい表現だ。クロスは正方形プランの隅に立っているとして、開いた腕の表現は45度の角度で広がることという包み込む姿勢はこの教会のフロアプランと一致している。
カーテンは古代の教会の重要な要素である。現代の教会でカーテンを導入することによって、固体壁に柔軟性のレイヤーを加え、それに色を変えることによっていろんな活動の雰囲気を作ることができる。
古いオルガンを捨てる予定されていますが、それを楽器だけ見えるのではなく、教会内のシンボリックな要素でもある。だからオルガン自体が使えないかもしれないが、今回の設計ではオルガンを解体し、フットペダル、ボタン、可動カバー、木板などの部分を細部に取り込んで、机、献金箱などを作り、古いオルガンに新しい生命を与える。