SWATOW BAPTIST CHURCH TSUEN WAN 浸信會教堂


HONG KONG SAR

The project is situated in a commercial building of a redeveloping district, while the floor with the higher clear height is used as the main hall; the other floor consists of activity rooms, offices, kitchen and a praying room. The curtain usage which originated from the previous church interior project is further extended to the ceiling above the entire main hall to create a soft space which diffuses the lighting to create a balanced effect. The main challenge of this project is the placement of a baptism pool inside the main hall which is only used for 2 times during the year; the pool must accommodate 3 people including the pastor, a helper and the person being baptized. As the low usage of the pool during the year, it must be hidden inside the hall without being a hinder to weekly services. It is designed right underneath the main steel cross with fresh water outlet behind the steel cross as to signify the origin of God’s presence during the baptism. As being symmetrical is also a major requirement of the project which the original plan of the hall is highly asymmetrical, a curtain is being used to create a symmetrical space that also provides the flexibility of usage during baptism. 830 sq.m

該項目位于一個重點重建區中的一幢商業大廈里,其中分為2層。層高較高的設計為禮堂,另外一層放置活動室,辦公室,廚房和一個祈禱室。布簾的使用參照之前的教會的設計并且進一步擴大到整個禮堂上方的天花板。這樣營造出柔和的空間并且可以擴散燈光來創造一個平衡的效果。該項目的主要挑戰是主會場內放置一年才使用2次的洗禮池,池內必須容納3人,其中包括牧師,一個助手和受洗的人。由于洗禮池的使用率偏低,它必須被藏在禮堂里面而不得阻礙每周崇拜等使用功能。所以把它放在鋼造十字架的下面,十字架后面則為出水口,以此來表示的洗禮的起源來自神。業主也要求講臺兩邊必須是相對對稱的設計,對原來不對稱的建筑輪廓也是一個挑戰,所以設計上利用布簾用來創建一個對稱的禮堂背景,還提供了洗禮使用上的靈活性。 室內面積830平方米。

再開発地区の商業ビルに位置しているこの教会インテリアーデザインプロジェクトは、2階に分けられている。メインホールを天井の高いほうに設定し、活動室、オフィス、キッチン、祈りの部屋を天井の低いほうにするから構成されている。前に設計した教会プロジェクトのカーテンのコンセプトを生かし、メインホール全体の天井まで拡張されることにした。照明をカーテンの上にしたので、拡散させる光でソフトスペースを作ることができた。このプロジェクトの主な課題は、メインホール一年にわずか2回に使用される洗礼プールの配置することだ。プールには牧師、ヘルパーと洗礼されるかたが含む3人を収容しなければならない。プールの使用率が低いので、毎週に行われるサービスに妨がずに隠すことが必要である。その原因で鋼の十字の下に外せる鉄板で隠し、さらに十字の後ろに水の出口にしたことで洗礼が神の存在を強調した。また建物自体は非対称であることに対して、クライアントがメインホールを左右対称することを希望しているのであり、バックドロップカーテンの配置に通じて洗礼を行う時に外せる形になることによって、フレキシビリティーを提供しながら対称のスペースを作ることができた。面積は830平米。