TAIWAN TOWER DESIGN COMPETITION 台灣塔設計比賽


Reaching a height of 350 metres, the Taiwan Tower project has a historical purpose to signify the importance of Taichung City after announcing as the third municipal position after Taipei and Kaoshiong. Other than the tower itself it also houses an exhibition hall and a government office. The tower is overwhelming huge compared to its surroundings and has a sized green belt attached to it which emphasizes its existence even more. Sitting on a seismic zone, the tower has to be able to withstand strong earthquakes and a major focus of the project is to make it structurally feasible. In contrast to traditional towers that people mainly take shuttle lifts to the top, this one takes a slow ride and uses escalators in addition to the lifts.

350米的高度的臺灣塔項目,在臺灣宣布臺中市繼臺北和高雄之后的第三大都市地位之重要歷史性意義之后決定實行,除了塔本身還設有一個展廳和一個政府辦公室。對比周圍環境來說塔本身已經是壓倒性地規模巨大,地塊更有一個大綠化帶連接著從而強調它的存在感。對于坐落地震帶的臺灣來說,能夠承受強烈地震是設計上必須達到的一大重點。還有傳統的塔,設計上主要以穿梭升降機到達頂端,這個設計的特點是以一個緩慢的自動扶梯成為主要動線設計。

350メートルの高さに達する台湾タワーコンペでは、台北と高雄の後三つ目の大都市の位置として発表された台中市の重要性を示すための歴史的な目的を持っている。タワー自体はもちろん、それに展示ホールや政府のオフィスを収容する予定だ。タワーそのものは周囲に比べて圧倒的に巨大であり、さらにその存在を強調してさらに接続されている大きいな緑のベルトが計画されていた。地震帯に位置する原因で構造的に実現可能にする工夫をしなければなりません。普通のタワーが人々は主にシャトルリフトでトップへ行く方法とは伝統的に対して、それに加えてエレベーターでゆっくり乗って登ることは特徴的だった。