TOKYO MUSIC CENTRE COMPETITION 日本東京音樂廳設計競賽


2nd Runner-Up [AC-CA] Architectural Competition Concours d’Architecture

日本東京音樂廳設計競賽-第三名

This competition entry brings architecture and music together into a unified beauty. A simple massing is proposed with the auditorium in smooth dynamic form enclosed within a tilted, semi transparent rectangular box, lifted up from ground at its major corner facing main road junction. Audience will enter the ‘box’ from below, ascending into the atrium lobby – a layered space with a multitude of rhythms and geometries dancing together like in a music symphony. The auditorium interior is designed with this same spirit with terraced seatings as connected and overlapping layers and echoes with the acoustic panels in ceiling.

設計旨在把音樂和建築的美學融為一體,以半透明、微微傾斜的方盒子包圍著流體形的音樂廳為基礎造型。盒子在面向主要道路的一邊架空,形成入口,讓遊客從下而上地進入建築並到達大廳。 大廳設計以不同幾何邏輯、韻律的建築構件交織在同一空間,形成像交響樂一樣的美感。 音樂廳的內部空間也充滿著像音樂旋律的層次感。流線型的坐席一層一層地連在一起,並層層變化,與天花的吸音板造型互相呼應。

このデザインは音楽と建築の美学を一にさせる。半透明で少し斜めになっている正方形の箱でストリームのコンサートホールを囲むのを基礎造型とする。その箱は主要道路に向いている面がオーバーヘッドされ、入口にする。観光客に下から上に入り、ホールまで到着させる。ホールのデザインは様々な幾何学的なロジックとリズムの建築部品で同一の空間を入り混じていることにより、交響楽のような美感をできる。コンサートホールの内部スペイスでもメロディーのようなレベル感。流線の座席が一階から一階まで連続し、毎階には変化があり、天井の吸音パネルとエコーし合う。