VIENNA OFFICE COMPETITION 維也納辦公樓設計比賽


Vienna, Austria

Light-well
The competition is a new office building in the heart of Vienna, the new building volume is defined by 2 separated office cubes, which have ideal size for natural sunlight and ventilation. The Lightwell is formed between the 2 cubes. The cubes are twisted, to allow more sunlight to enter the Lightwell and offices. The Lightwell contains bridges and small green areas floating in the tall space, which makes it a hanging garden and dynamic space. and its orientation allows sunlight to enter the whole day.

The two office cubes are wrapped with a glass skin and form 1 large volume with an elegant dynamic twisted shape, which looks slightly different from each street. In addition to the façade of the office cubes, this glass layer becomes the second skin of the building, and the gap serves as a light conduit:  the mirror-glasses along the perimeter are in various angles to direct the light from outside deep into the central Lightwell.
本競賽是一個位於維也納心臟位置的一個新辦公樓,建築由2個獨立的辦公室立方體,其尺寸是自然光和通風都十分適合,從而形成2立方體之間的室內中庭空間。設計上把立方體扭曲讓可更多的陽光進入室內中庭和辦公空間。而室內中庭內設計了橋樑和小綠區懸浮在室內中庭空間,這使空中花園變得動態並且一整天充滿陽光。

兩個包裹著玻璃幕牆的辦公室立方體形成動感扭曲的形狀的大立方體,與周邊街道略有不同。除了辦公室立方體的外觀,該玻璃層成為建築物的第二層皮膚,並且間隙作為光導管:週邊玻璃在不同的角度,從室外引導太陽光深入到室內中庭。

このコンテストは、ウィーンの中心部ににある新しいオフィスビルで、採光や換気によいサイズボリュームの構成は2つのキューブの間に室内アトリウム空間を形成することであである。キューブをねじることによってオフィススペースにより多くの日光を可能にした。アトリウム空間内に吊り橋と緑をつくることによって一日中に自然の光がダイナミックな環境を室内アトリウムにあることを考えていた。

二重ガラスのファサードは歪んだ立方体を構成するダイナミックなキューブの形状を包み、その形状は周辺と少し異なっている。さらに異なる角度でファサードのガラスは、外部からの日光を二層のグラスがお互いに反射し、最後にアトリウムに到着された。